虹彩ベースのヘルスケア

スマートフォン使用の増加による運動不足と刺激的な食事によって慢性疾患が増加しています。

そこで、ヘルスケアに対して人々の関心がますます増えていて、また医療の質もこれまで以上に重要になりました。

HONGBOGの虹彩ベースのヘルスケアは世界のすべての人々に最も便利な健康管理案内と医療診断を提供します。

虹彩学とは

虹彩学は1861年に発表された学問で、最も複雑な繊維幕の構造である虹彩の分析に基づいて、我々の体の様々な臓器と体の反射状況を虹彩内の表示と信号を通じて知るようにしてくれる科学として、臓器と器官の健康状態、老廃物とか毒素の蓄積部位と程度、身体の体質区別に容易で、個人の健康状態と治療による反応、人体骨格、病の回復および進行に関する判読をする学問です。

虹彩の生理学的な構造

虹彩には虹彩中央に位置する瞳孔を縮んだり緩んだりする括約筋と散大筋があり、これは交感神経と副交感神経によって光線量あるいはフォーカス、感情などにより瞳孔を縮小または拡大します。尚、虹彩は神経線維と血管から成り、神経を通じて大脳と繋がっているので、身体の各組織の臓器から起こる科学的な物理的な変化による情報が運動性の神経原に伝達され、線維組織の形を変化させるようになり、外部にさらされているので、その変化を簡単に確認できます。

虹彩学を通じて診断可能な病気

がん

乳がん、肝臓がん、胃がん、

大腸がん、脳腫瘍

炎症

脊椎炎、関節炎、腸炎

精神疾患

うつ病、精神障害、

脳機能の低下、脳卒中

腸疾患

慢性胃腸疾患、過敏性腸、

大腸下垂、胃酸過多

その他

貧血、ストレス、中風、高血圧、動脈硬化、栄養不足、高脂血症、

脂肪肝、肥満、アレルギー、中毒、白内障、子宮外妊娠、心臓疾患

病気別の虹彩例
糖尿
認知症
心臓、胆嚢、肝臓、乳房疾患
肝臓、脾臓、延髓、脊椎疾患
薬物中毒、肝臓の解読機能の低下
肺機能の低下、肝枝、皮膚疾患
HONGBOGの虹彩診断

Eye O’Clock_W – 健康管理の目的

虹彩撮影の後、手動で虹彩内のパターンの有無を選択して主な臓器に対する健康状態を測定および管理情報の提供

Eye O’Clock_D – 医療診断の目的

虹彩撮影の後、自動的に虹彩内の前兆症状と症状によるパターンを分析して認知症や糖尿などの病気に対する人工知能の診断および遠隔診療への連結

HONGBOG 虹彩診断技術特異点

目ベースの疾患別の臨床事例のビックデータを保有

17年間蓄積してきた虹彩認証パターン技術を保有

人および風景写真の撮影に特化された既存の

カメラとは違って、正確な診断をするための

虹彩診断専用のカメラを独自的に開発

オススメの製品

Eye O’Clock_W

Eye O’Clock_D