Eye O’Clock_D(Coming Soon)
慢性疾患のための目ベースAI診断ソリューション

患者の目の画像を撮影した後、学習された人工知能が目の画像を分析して患者が現在、

特定の病気を保有する確率および今後、病気になる確率を提示する診断ソリューション


* 本製品を使用するにはEye O’Clock_Cameraの購入が必要です。

* 本製品はスマートフォンに内蔵されたカメラで撮影する製品ではありません。

特定疾病に対する虹彩分析結果提示

- 疾病の前兆症状と疾病保有時の症状を土台に後ほど糖尿病にかかる確率と現在保有している確率を提示

- 虹彩診断結果をもとに、専門医療陣の2回目の判断および患者に適した処方や治療法提供(遠隔診療)

特 長
合理的な価格

診断の際、毎回キットを購入することなく、特殊な医療機器が必要な他社のものとは違って、カメラ購入で持続的な診断が可能となり、診断費用が削減可能

接触せずに診断

注射による血液採取・綿棒を使った鼻水採取のように直接的な接触することなく、診断が可能で消費者の心理的な不安を解消して、衛生的


遠隔診療の可能

場所や時間の制約なく、いつ、どこでもスマートフォンにより診断が可能で、必要だったら専門医との遠隔診療も接続可能

高い正確さ

たった1回の撮影で複数の診断および病気間の相互検証が可能となり、他の人工知能ヘルスケアに比べて高い正確さを保証します。

応用可能分野

病院

高リスク患者の管理

遠隔診療

製薬会社および医学研究所

パーソナライズド・メディスン(個別化医療)薬の製造

新しい処方のR&D

この商品に関連する製品

Eye O’Clock_W

Eye O’Clock_W2